太る言葉?ダイエットを失敗させる原因は言霊効果かも…

人に言われると太る言葉というものがあるらしい。
特別な言葉というわけではない。

普段、誰もが当たり前に使ったり使われたり。
その言葉は人に影響を与える。

言霊効果ってやつ。

人に言われると太る言葉…言霊。

もしかしてダイエットに失敗する原因はコレだったのかも。

スポンサーリンク
広告336×280

人に言われると太る言葉とは

人に言われると太る言葉とは、

「最近太ったね」

たったこれだけの言葉で人は太ってしまうらしい。

そんなバカなことはないって思うかも。
でも、ちゃ~んと実験で検証されている。

この度ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンが、50歳以上のイギリス人男女2944人を対象に調査を行ったところ、太っていることに対して無遠慮な批判を受けたり、差別的な態度をとられた人は、体重が増加する確率が約6倍も高まることが分かったのだ。

実際に、日常生活で肥満に対する批判を受けたグループが平均0.95kg体重が増加していたのに対して、批判を受けなかったグループは平均0.71kg体重が減少していたのだ。

出典:ライブドア・ニュース

では、なぜ「太ったね」と言われただけでホントに太ってしまうのでしょう。

原因はストレス。
「太ったね」と言われると、容姿を気にしている人は、その言葉を不快に感じストレスとなってします。

脳はストレスを感じるとこるコルチゾールというホルモンを分泌します。これは、ストレスを感じた脳が危険な状態だと判断し脂肪を蓄積させるホルモンです。

また、ストレスを感じると甘いものや脂っぽいものをほしがるのは、脳がブドウ糖を欲しがるからなのです。さらに、脳はコレステロールを欲しがります。精神的にも安定する必須アミノ酸のトリプトファンというお肉に多い成分を欲しがるのです。

出典:女性の美学

日本では昔から”言霊”っていう言葉がありますよね。

言葉には霊力が宿り、声に出した言葉が現実に何らかの影響を及ばすって考えられています。
良いことを言えば良いことが起こり、悪いことを言えば悪いことが起こる。

それが言霊効果。

ネットの意見は

  • 「その人の性格にもよると思う 」
  • 「本格的にダイエットがんばらなきゃって思ってヤル気でるけどな」
  • 「ネガティブな意見って、逆効果なんだね」

三者三様のようです。

実際、身の回りにも「太ったね」と言われてダイエットに励み
驚くほど痩せてキレイになった人も多いですしね。

「太る言葉」の裏にはメンタルの問題もあるようです。

では、どうする

「太る言葉」があるなら「痩せる言葉」もあってもいいのでは。
それは、ダイエットをする人にとって魔法の言葉。

アメリカの研究チームの実績の中に、ごく普通の目立たない女性に「かわいいね」と毎日言い続けると本当にかわいくなったという事例があります。それと同じで、自分で自分に毎日宣言し言い聞かせることで、心の潜在意識にその情報がインプットされ、本当に実現されるのです。

出典:http://careercelebrity.jp/

要は「太る言葉」と逆のことを言えばいいってこと。

言われた方も気分がいいし、しかも良い人間関係も作れる。
言霊効果って、良い方向にも悪い方向にも働くそうだしね。

食事をするときも「これを食べたら太る」って思い(言い)ながら食べると太るらしいです。
食事に感謝をしながら食べると良いそう。

もしかして「いただきます」「ごちそうさま」は痩せる言霊かも。

ポジティブ思考が一番。それを声に出して言うことが魔法の言葉なんだよね。

まとめ

久々に実家に帰ると「お前ぇ、太ったんじゃねぇ」と母、兄弟から言われ、
職場の同僚は、2、3日会わなかっただけで「〇〇さん、最近太りました?」
夫婦でもお互いに毎日「お前の方がデブ!」と。
それどころか、鏡を見ながら自分自身に「太ったな…」とつぶやく。

これでは、ストレスと言霊効果で太り続けるのは当然。
いつも、ダイエットが失敗に終わる原因はこれだったのかな。

「太る言葉」の真偽はともかく、やはりこの言葉は人を批判するもの。
これからは、人に使うのはやめようと思います。

たとえ妻でも^^

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280