三井アウトレットパーク北陸小矢部のオープン場所どこ?混雑状況はどうか

三井アウトレットパーク北陸小矢部(ほくりくおやべ)が7月16日(木)にオープン。
全国の三井アウトレットパークとしては13店舗目。

about_img01

北陸初のアウトレットモールということで話題になっています。

北陸ということで雨や雪が気になりますが、気候に左右されない屋内型モールとなるそうです。

さらに高さ50メートルもある観覧車も・・・。
この観覧車は床の一部がシースルー、しかも冷暖房完備と豪華な作り。

地元の人だけでなく観光に訪れる人達で、当分の間は賑わいをみせそうです。

スポンサーリンク
広告336×280

アクセスと駐車場は

三井アウトレットパーク北陸小矢部へのアクセスを公式ページで見ると
↓こんな地図
access_map
大雑把すぎる。
これでは、地元の人しか辿りつけないのではと心配。

アウトレットパークは国道8号線沿いにあります。
能越自動車道・福岡ICを降り国道8号線でひたすら走る・・・。

地元の人からも田舎って言われているような場所らしいので
三井アウトレットパーク北陸小矢部の50メートルの観覧車は遠くからでも見えるのでは。

交通アクセス

↓アウトレットパーク北陸小矢部への詳しい地図

能越自動車道・福岡ICより約3km、小矢部東ICより約8km、北陸自動車道・小矢部ICより約8km
石動駅(約9分)、新高岡駅(高岡駅経由)(約38分)、富山駅(約50分)、金沢駅(約45分)より路線バスが運行の予定

出典:ウィキペディア

駐車場台数は約2800台を予定しているそうですが、
オープン後と週末の混雑は必至でしょう。

週末は混雑と渋滞か

三井アウトレットパーク北陸小矢部がオープンするのはこんな場所


でも、こういった場所がやがて人気のエリアとなっていくのでしょうね。

↓地元の人の声から渋滞が予想される場所もチェックしておきましょう。

三井アウトレットパーク北陸小矢部は、初めは小規模の施設となる予定だったそう。
でも北陸初のアウトレットパークということで人気が出ると予想。

全国にある三井アウトレットパークの中で2番めに店舗数が多くなってしまったのだって。

まとめ

我が家に一番近い三井アウトレットパークは入間。

当時は、あんなところに商業施設が建ったって人が来るのかなって言っていたものなんだけれどね。

三井アウトレットパーク入間のオープンは2008年。
そして土日祝日の混雑状況は今も変わっていないって。

また、混雑を迂回する人の事故も多いそうです。

国道8号線は1車線。混雑で迂回する人も多く出てきそうですね。
三井アウトレットパーク北陸小矢部へ行こうって思っている人は気をつけましょう。

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280