ペルセウス座流星群2015見頃いつ?方角やピーク時間と予備知識

夏の風物詩の一つといえばペルセウス座流星群
最近は以前より流星群に興味を持つ人も増えているようですね。

ペルセウス座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群とともに
「3大流星群」と呼ばれる中の一つ。

1月と12月は冬の真っ最中。一晩外にいるのはつらい。
なので、夏8月のペルセウス座流星群は「3大流星群」の中で最も観測しやすい流星群といってもいいでしょう。

2015年のペルセウス座流星群の見頃や方角、時間をチェックしておきましょう。

スポンサーリンク
広告336×280

2015年の極大日は

その流星群の活動中に、最も多く流星が現れるときを「極大」といいます。

2015年のペルセウス座流星群の極大は

日本時間の8月13日15時30分頃です。

残念ながら2015年はペルセウス座流星群の極大の時は、日中です。
極大となった時に流星は見ることができませんね。

極大とずれてしまったから今年はダメというわけでもないですよね。
極大の前後数日はペルセウス座流星群の活動が活発になります。

2015年の見頃と方角、時間

今年2015年は8月14日が新月。月明かりがない。
流星群を見るには絶好の夜です。

2015年のペルセウス座流星群の見頃は

8月12日の夜半から13日未明
8月13日の夜半から14日未明

が良いようです。

21時前
放射点がまだ地平線近くの低い位置にあるため、流星はあまり出現しません。

21時過ぎから夜半まで
放射点の高度が徐々に上がり、流星が出現し始めます。

夜半から未明まで
放射点の高度は高くなり続け、未明に最も高くなります。放射点の高度が高くなるにつれて出現する流星の数も多くなっていき、空が明るくなり始める前に最も多くの流星が出現します。
出典:国立天文台

方角は
ペルセウス座流星群はペルセウス座の方向から四方八方に流れて出現します。
なので夜空のどの方角を向いていても流星を見ることができます。

↓こんなイメージ
positions
画像:国立天文台

あまり方向は気にする必要はないようですね。
流星をより多く見るためには空を広く見渡せる場所を選ぶことがポイントとなるようです。

流星群はどこから

ところで流星群はどこからくるのでしょうか。

地球や火星、土星などの惑星は太陽の周りを回っています。

でも、太陽の周りを回っているのは惑星ばかりではありませんよね。
彗星も太陽の周りを回っています。

彗星が走り去るときに、わずか数ミリメートルのチリ粒をその軌道上に残していきます。

地球が太陽の周りを回りながらそのチリ粒の軌道上に近づくと
チリ粒は地球の引力に引かれ落ちてきます。
orbit-m
画像:国立天文台

猛スピードで落ちてきた彗星のチリ粒は地球の大気と激しく衝突し発光。
その発光現象こそが流れ星です。

流れ星の元となるのは彗星。
有名なのがハレー彗星。太陽を約76年かけて回っています。

ペルセウス流星群の元となるチリ粒を残していく彗星はスイフト・タットル彗星。
スイフト・タットル彗星の周期は約133年。

前回は1992年に現れ走り去っていきました。
この年のペルセウス座流星群は、平年の2倍以上の出現だったそう。

2015年の予想流星数は

チリ粒のある軌道と地球が近づけば近づくほどチリ粒は落ちてきてたくさんの流れ星を見ることが出来ます。

しかし、2015年はそれほどの接近はないようです。

ペルセウス座流星群の予想流星数についてこんな情報もチェックしておきましょう。

13日未明および14日未明の時間帯に見られる1時間当たりの流星数は、良好な観測地で25~50個程度、郊外で10~20個程度、市街地でおよそ5個程度です。
夜半前の時間帯では、12日夜よりも13日夜の方が、若干多い流星数が期待されます。
出典:2015年のペルセウス座流星群の情報

たくさんの流れ星を見るためには場所がポイント。

夏休みには、星空がきれいな場所に旅行するのもいいかも。

観測会を利用するのもいい。
ペルセウス座流星群の観測会をやっている市町村は多いはず。

まとめ

10年以上も前に読んだ本「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」の中にあったお話し。

部屋の中にあるホコリ。
その成分を調べてみると、糸くずや人の体から剥がれ落ちたもの、ダニやカビの胞子、
そして隕石の燃えカスなのだそう。

真偽はともかく、ホコリの一部が流星(隕石)の燃えカスだったなんて。

ペルセウス座流星群を見ながら、数日後には我が家の部屋の片隅のホコリになっているって想像してみるのも面白いかも^^

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280