高校野球日本代表U-18ワールドカップ2015日程メンバー背番号まとめ

夏の高校野球も東海大相模(神奈川)の優勝で終了しました。
怪物1年生、早実の清宮幸太郎くんの話題一色の大会でしたが、やや話題先行という感も否めませんでした。
清宮くんの実力は、こんなものではないはず。

夏の甲子園も終わったばかりですが高校野球日本代表(U-18)ワールドカップ2015が始まります。
今年2015年は日本で開催。

20150823_3_1-1
画像:野球日本代表侍ジャパン公式サイト

高校野球日本代表(U-18)に選ばれたメンバーの中には将来メジャーを目指している人も多いでしょう。
彼らが世界にどれだけ通用するのか気になります。

甲子園での清宮くんの活躍も物足りなく感じた人もきっといるはず。

高校野球日本代表(U-18)ワールドカップ2015の日程やメンバー、背番号などをチェックしましょう。

スポンサーリンク
広告336×280

高校日本代表2015ワールドカップって

正式な名称は「WBSC U-18ベースボールワールドカップ」
世界各国、16歳から18歳までのメンバーによって争われる野球の国際大会。

第1回大会は1981年にアメリカで開催。
日本は夏の甲子園の開催が同じ時期に重なり参加をしたり、しなかったりと・・・。

今年2015年は日本で開催。
日本で「WBSC U-18ベースボールワールドカップ」が開かれるのは初。
なので今年はメンバーに力が入ってますよ。

U-18ベースボールワールドカップ日程と会場

開催期間

2015年8月28日(金)~9月6日(日)

開催地・会場

  • 日本(大阪府・兵庫県)
  • 阪神甲子園球場
  • 舞洲ベースボールスタジアム
  • 南港中央野球場
  • 豊中ローズ球場

チケット情報 入場料は

各球場で行われる試合には前売り券はありません。
当日券のみです。

阪神甲子園球場と舞洲ベースボールスタジアムで行われる試合は有料(※小学生以下は無料)
南港中央野球場と豊中ローズ球場で行われる試合は無料です。

詳細⇒野球日本代表侍ジャパン公式サイト【チケット情報】

出場国と試合方法は

出場する国と地域は12カ国。

ファーストラウンド(8月28日~9月1日)

ここではグループAグループBに別れ総当り戦を行います。

グループA

  • 日本
  • アメリカ
  • メキシコ
  • オーストラリア
  • ブラジル
  • チェコ

グループB

  • キューバ
  • チャイニーズタイペイ
  • カナダ
  • 韓国
  • イタリア
  • 南アフリカ共和国

スーパーラウンド・コンソレーションラウンド(9月3日~5日)

ファーストラウンド各組の上位3カ国がスーパーラウンドへ進出し総当り戦を行う。
4位以下はコンソレーションラウンド(順位決定戦)へ。

ファイナルラウンド(決勝戦9月6日18:00~、3位決定戦9月6日13:00~)

スーパーラウンド上位2チームで決勝を行う。
3位・4位のチームで3位決定戦を行う。

第27回WBSC U-18ワールドベースボールカップ試合日程詳細

なかなかハードなスケジュールになっていますね。

夏の甲子園を終えたばかりの高校野球日本代表のメンバー。
疲れの取れぬままの連戦となりそうです。

U-18野球日本代表戦 日程とテレビ放送は

やはり気になるのは日本代表戦の結果でしょう。
開催地は大阪府と兵庫県。

関東の我が家からは応援に行くのは難しい。
テレビ放送はあるのでしょうか。

日本代表戦のテレビ放送は

BS朝日
J SPORTS 2

で放送。

J SPORTSはスカパー!、ケーブルテレビに入っていることが条件になりますね。

U-18野球テレビ放送予定
画像:野球日本代表侍ジャパン公式サイト

BS朝日はLIVE中継のようです。
やはりスポーツは生がいいです^^

U-18野球日本代表メンバーと背番号 清宮は出場するの

U-18野球日本代表メンバーと背番号は以下の通り。
(背番号、選手名、高校,学年の順)

監督

30 西谷 浩一(大阪桐蔭高)

コーチ

31 仲井 宗基 (八戸学院光星高)

32 島田 達二 (高知高)

投手

11 佐藤 世那 (仙台育英高 3年)

12 成田 翔 (秋田商業高 3年)

15 高橋 樹也 (花巻東高 3年)

16 小笠原 慎之介 (東海大相模高 3年)

17 上野 翔太郎 (中京大中京高 3年)

18 髙橋 純平 (県岐阜商業高 3年)

19 森下 暢仁 (大分商業高 3年)

20 勝俣 翔貴 (東海大菅生高 3年)

捕手

9 伊藤 寛士 (中京大中京高 3年)

22 郡司 裕也 (仙台育英高 3年)

27 堀内 謙伍 (静岡高 3年)

内野手

1 平沢 大河 (仙台育英高 3年)

2 津田 翔希 (浦和学院高 3年)

3 清宮 幸太郎 (早稲田実業高 1年)

5 宇草 孔基 (常総学院高 3年)

6 杉崎 成輝 (東海大相模高 3年)

10 篠原 涼 (敦賀気比高 3年)

外野手

7 豊田 寛 (東海大相模高 3年)

8 オコエ 瑠偉 (関東第一高 3年)

21 舩曳 海 (天理高 3年)

今回のU-18ワールドカップに出場するメンバー1年生は清宮 幸太郎くんだけ。
やはり規格外の選手なんですねぇ。

U-18ワールドカップ過去の戦績は

過去26回開催されたU-18ワールドカップ。
日本は夏の甲子園の開催時期と重なるなどの諸事情により参加は7回。

  • 第2回大会(1982年) 準優勝
  • 第18回大会(1999年)5位
  • 第24回大会(2004年)準優勝
  • 第23回大会(2008年)アジア予選敗退
  • 第24回大会(2010年)アジア予選敗退
  • 第25回大会(2012年)6位
  • 第26回大会(2013年)準優勝

以外にも優勝はないのですね。
しかも、第23回、24回大会は予選敗退。

第25回大会に至っては大谷翔平、藤浪晋太郎というすばらしいピッチャーを擁しながら結果は6位。
国際大会というプレッシャーもあったのでしょうか。

野球って難しい。

まとめ

高校野球ドリームチームが世界を相手に対決。
プロ野球で活躍する次の世代の選手たち。

メジャーに挑戦する選手も出てくるかもね。

これらの試合をなぜ民放で放送しないのかって不思議に思います。
放送してくれれば盛り上がると思います。

今大会は地の利もあるし絶対優勝すると思います。

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280