「ベルサイユのばら」池田理代子サイン会&漫画展の日程や期間と会場は

ベルサイユのばら」といえばもう40年以上も前のマンガ。
しかし今も根強く「ベルばら」ファンは多くいるそうですね(私の妻もその一人なんです^^)

昨年は40年ぶりに新エピソードを含む単行本11巻が発売(もちろん妻も購入しました)

さらに今年7月には12巻目も発売されていたようです(これ、知らなかった。妻に教えてあげよう)

そんな「ベルサイユのばら」の原画を含む漫画展が開かれるそうです。

さらに作者、池田理代子先生のサイン会もあるそうです。

「ベルばら」ファンは要チェックですね。

ベルばら展が開かれるのは私の住む県「埼玉県」
なので日程や会場、入場料や交通アクセスを詳しくご紹介します。

スポンサーリンク
広告336×280

ベルサイユのばら漫画展 日程と会場、入場料は

「ベルばら」から始まった歴史ロマン―池田理代子の歴史漫画展

開催期間

2015年9月12日(土)~10月12日(月)まで。
※毎週月曜日(休日の9/12と10/12を除く)と9月24日(木)はお休み。

時間

午前9時~午後4時30分まで

入場料

無料

会場

さいたま市立漫画会館 企画展示室(1階)

会場までのアクセス

東武野田線(東武アーバンパークライン)・大宮公園駅から徒歩5分
JR宇都宮線・土呂駅東口から徒歩15分

会場周辺駐車場は

さいたま市立漫画会館には駐車場はありません。
この辺りはちょっとゴチャゴチャとしています。

すごい渋滞はなさそうですが、会場へは歩いたほうがスムーズに到着すると思います。

アクセスは電車→徒歩が便利ですが、どーしても車でなきゃって人もいると思います。

お車を利用されるかたは周辺の民間駐車場を利用しましょう。
さいたま市立漫画会館周辺の駐車場

まあ、駐車料金はかかってしまいますが、展示会の入場料は無料。
それで良しとしましょうね。

池田理代子先生サイン会 日程は

漫画展開催期間中に「ベルばら」の作者・池田理代子先生のサイン会も開かれます。

日時:9月19日(土) 15:00~
場所:漫画会館2F

ただし先着100名のみ。当日、会場で販売する関連の書籍を買った人のみだそうです。

漫画展は「ベルばら」だけじゃない

展示会の内容は「ベルばら」から始まった歴史ロマン―池田理代子の歴史漫画展というタイトルが示す通り作者の歴史漫画にスポットがあたった内容です。

  • ベルサイユのばら
  • オルフェウスの窓
  • 女帝エカテリーナ
  • 栄光のナポレオン
  • 天の涯まで―ポーランド秘史

5作品81点の漫画原画が展示されているようです。

上の5作品、ベルばらファンならきっと読んでしまっているでしょう。

ここまで書いて「ベルばら」だけでなく池田理代子先生の歴史漫画のことが気になってきました。

「ベルばら」ファンの声をみてみると

「最終的に一つの壮大な時代物語にまとめあげていく力量が、凄まじい」

「少女漫画だが、男が読んでも面白い」

「これほどの面白いとは!!驚きです」などなど。

子供の頃、漫画を読むことを許さなかった親や教師が「ベルばら」だけは認めてくれたって人も多いみたいですね。

早速、妻から「ベルばら」を借りて読んでみようと思います^^

また当日はいろいろなグッズやフィギュアも展示、販売されているようです。

ベルばらのフィギュアっていうのが気になりますが・・・。

↓こういったものでしょうか。
img_oscar01

画像:タカラトミー公式ショッピングサイト

もしかしたら、ここでしか手に入らないものもあるかもしれませんね。

まとめ

ベルサイユのばら漫画展が開かれる「さいたま市立漫画会館」
埼玉県人でありながらこんな場所があるなんて知りませんでした。

しかもここ、たくさんのマンガの本があり、貸し出しはしていないようですが無料で読むことは出来るようですね。

もっと早く知っていれば今年の夏、ここでマンガを読みながら涼しく過ごせたのにな~って思います。

美内すずえや里中満智子、手塚治虫、尾田栄一郎などなど古いものから最新作まで多数の作品を読むことができるようです。
もちろん池田理代子先生の「ベルばら」だけではなく他の作品も一気読み出来ます。

「ベルサイユのばら」漫画展開催期間中、ぜひ妻と一緒に足を運んで見たいと思います。

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280