世界陸上2015男子200m決勝テレビ放送時間!ボルトvsガトリン予想は

世界陸上2015男子100m決勝戦、ボルトvsガトリンの対決はすごかったですね。
二人がゴールした瞬間、興奮して思わず立ち上がってしまいました!

一緒に観ていた息子も「100m競争でこんなに盛り上がるなんてスゴイ!」って。

決勝戦前、私の予想はガトリンの勝ちだったのですがハズレてしまいました。
テレビのアナウンサーも「今年のガトリンには隙が見当たらない」って言っていましたもんね。

ボルトの潜在能力が想像を超えていたのでしょう。

ボルトもガトリンも男子200mに出場が決まっています。
この二人、決勝に残らないはずはないですよね。

早速、日程とテレビ放送時間をチェックしましよう。

スポンサーリンク
広告336×280

男子200m決勝 日程とテレビ放送時間は

決勝戦の日程と時間は

8月27日(木)よる9時55分から。

テレビ放送は、よる9時50分頃から。
スタート前の男子200mの様子から観ることができると思います。

男子200m決勝進出メンバーは

この記事を書いている現在、男子200mは予選が行われています。
ボルト、ガトリン共に準決勝へ進出。

男子200mには16歳の日本人選手サニブラウン・ハキーム<くんも出場。 彼も準決勝に進出しました。 男子200m準決勝は8月26日(水)よる9時30分頃スタート。

ガトリンは2組。ボルトは3組でスタート。
サニブラウンくんもガトリンと同じ2組です。

男子200m準決勝も見逃せませんね。

決勝進出メンバーも決まりしだいこのブログに書いていこうと思います。

《追記》

世界陸上男子200m決勝メンバーが決定しました。
サニブラウンくん等、日本人選手は決勝に残ることはできませんでしたね。
世界の壁は高いです。

以下が男子200m決勝メンバーと出身国です。

  • F.オグノデ:カタール
  • R.グリエフ:トルコ
  • J.ガトリン:アメリカ
  • Z.ヒューズ:イギリス
  • U.ボルト:ジャマイカ
  • A.ジョボドワナ:南アメリカ
  • N.アシュミード:ジャマイカ
  • A.エドワード:パナマ

体のどこがラインを超えたらゴールなの

男子100m決勝ゴールの瞬間は接戦、最初はボルトとガトリンどちらが先にゴールをしたのか見分けがつきませんでした。

スタートから今季9秒7台を連発して絶好調の2004年アテネ五輪覇者、ガトリンがリード。ボルトは持ち前の加速力で少しずつ差を詰める。そして、残り15メートルほどでガトリンがよろけるように、わずかにバランスを崩した。そこをボルトが差し切った。
出展:毎日新聞

とはいえゴールの瞬間はどちらが勝ったのかわからなかったですね。

私「頭の突き出しでボルトが勝っていたよ」
息子「足が先にラインを超えたのがボルト」

そんな風に親子で意見が別れてしまいました。

ここで気になったのですが体のどこがラインを超えたらゴールなのでしょうか。

体の一部どこでもオーケーなら身長の高いボルトが有利だと思うのですが・・・。

調べてみると胴体なのだそうですよ。

競技者の勝敗の順位は、その胴体(即ちトルソーのことで、頭、頚、腕、脚、手または足とは区別される)のいずれかの部分が前項のフィニッシュラインのスタートラインに近い端の垂直面に到達したことで決める。
出展:日本陸上競技連盟競技規則第164条

なのだそうです。

過去に見た短距離走ではランナーってゴールの瞬間は胸を突き出しています。

しかし、今回の100m決勝、ボルトもガトリンもラインの手前から頭を突き出していたのですがなぜでしょう。

もしかしてバランスを崩していた?

ボルトvsガトリン決勝予想

世界陸上男子200m決勝の予想をしてみたいと思います。
まず二人の身長、体重、年齢を比べてみると、

ウサイン・ボルト
220px-Usain_Bolt_2012_Olympics_1
画像:ウィキペディア

身長:196cm
体重:約94kg
年齢:29歳

ジャスティン・ガトリン
200px-Justin_Gatlin_cropped

画像:ウィキペディア

身長:185cm
体重:79kg
年齢:33歳

体格、年齢を比べるとボルトが有利。

しかしボルトは2009年の世界陸上100m、200mでの世界記録以来、下降気味。

一方のガトリン2015年に入ってから100m、200mで自己記録を更新。
コンディションは上向きのようです。

200mの勝ちはガトリンに賭けますが、ボルトといえば最後まで目が離せない男。
かならず何かをやってくれそうです。

《追記》
先ほど世界陸上男子200mの決勝戦が終了。結果は・・・。

世界陸上男子200mはボルトvsガトリン対決はボルトの勝利となりました。

ボルト:19.55秒
ガトリン:19.74秒

ボルトの圧勝でしたね。

まとめ

世界陸上2015男子100mはまさしく名勝負でした。
105mなら結果が違っていたようにも思えるのですがどうでしょう。

まもなく男子200mの決勝が始まります。
優勝争いは必ずボルトとガトリンとなるでしょうね。

どんな名勝負を見せてくれるのか。

人類最速決戦第2章「ボルトvsガトリン」楽しみです。

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280