NHK朝ドラ「あさが来た」原作と脚本家・大森美香さんの評判は

NHK朝ドラ「あさが来た」が10月から始まります。
新しい朝ドラが始まる前に気になる事といえばキャスト。

でも朝ドラにハマっている私個人としては原作や脚本家の評判も気になります。

原作者や脚本家の過去作品などを調べてみたりするのも朝ドラが始まる前の楽しみだったりします。
意外なことがわかったりしますよ^^

今回のNHK朝ドラ「あさが来た」の原作は古川智映子さんの「小説土佐堀川」
脚本は大森美香さん。

彼女たちの過去作品や評判などを調べてみました。

スポンサーリンク
広告336×280

原作は5年以上もかけた大作

朝ドラ「あさが来た」の原作は「小説土佐堀川」(※原作ではなく原案ってことになっていますね。)
本を書いた人は埼玉県所沢市在住の作家、古川智映子(ふるかわちえこ)さん。現在87歳です。

古川智映子
画像:産経WEST

青森県弘前市に生まれる。青森県立弘前中央高校、東京女子大学短期大学部英語科、同大学文学部日本文学科を卒業。国立国語研究所で『国語年鑑』の編集に従事、その後東京都内の私立高校教諭を経て、執筆活動に入る。
出典:ウィキペディア

「小説土佐堀川」は古川智映子さんが57歳の時に出した第1作目の本。

「小説土佐堀川」は古川智映子さんが5年以上もかけて完成させた小説なのだそうです。
まさに大作って言っていいですよね。

この小説を見つけてくるNHKさんはスゴイ。
しかも原作ではなく原案で使うなんて贅沢すぎるドラマだと思います。

「小説土佐堀川」は起業家、広岡浅子さんの生涯を書いた作品。
広岡浅子さんは明治を代表する女性実業家。

広岡浅子
画像:スポニチアネックス

彼女をサクッと説明すると。

名門・三井家の生まれのお嬢さん。
大坂の豪商・加島屋に嫁いだ後、幕末・明治維新の余波で傾いた加島屋を立て直し、大同生命の創業メンバーとなるなど、実業家として剛腕をふるった。
日本女子大学の創立に関わり、東京・目白台の三井家所有の土地を日本女子大学に寄贈した。

amazonの「最も参考になったカスタマーレビュー」から抜粋

脚本家はこの大作をどう料理するのでしょう。

脚本家 大森美香さんは異色の経歴の持ち主

NHK朝ドラ「あさが来た」の脚本は大森美香(おおもりみか)さん。
1972年生まれ。43歳。

大森美香
画像:R36作家プロフィール

大森美香さんの経歴を調べてみるとなかなか面白いです。

短大卒業後に名古屋テレビ放送の総務部で事務兼秘書として4年間勤務。
その後、フジテレビの契約ADに転職。

OLからテレビ局のADになった理由は、

「マスコミセミナーでテレビ局の制作部長の話を聞いたらすごく面白くて。セミナーのあと、エレベーターまで素早く追いかけて行って名刺をもらったんです。それからしつこく電話をして(笑)、フリーのADとして制作現場に入らせてもらいました」
出典:とらばーゆ

なのだそうです。

大森美香さんは、このテレビ局の制作部長に書いた脚本を持込み脚本家としてデビュー。

2004年、33歳の時「不機嫌なジーン」で第23回向田邦子賞を受賞。
史上最年少での受賞だったそうです。

現在、大森美香さんは脚本家だけにどどまらず演出家、映画監督とマルチな才能を発揮しています。

大森美香さんの過去作品と評判は

gooランキング「大森美香脚本の好きなドラマといえば?」(2012年2月)によると

1位:ブザー・ビート?崖っぷちのヒーロー?

2位:ランチの女王

3位:きみはペット

4位:ガバチタレ!

4位:マイ☆ボス マイ☆ヒーロー

6位:夏の恋は虹色に輝く

7位:ハングリー!

8位:ロング・ラブレター~漂流教室~

9位:不機嫌なジーン

10位:エジソンの母

この中のドラマのいくつかを見ましたが、ランキングと面白さは一致しないでしょう。
1位のドラマはキャストで保っていたドラマだったと思いますが・・・。

大森美香さんは2005年後期のNHK朝ドラ「風のハルカ」で原作と脚本をしています。
このドラマの平均視聴率は17.5%(関東)

最近のNHK朝ドラは視聴率20%を切ると叩かれ始めます。
「風のハルカ」は及第点に至りませんでした。

脚本家、大森美香さんの評判をツイッターでみると

喜ぶ人

残念に思う人

期待する人

大森美香さんの作品は当たり外れが大きそう。
とりあえず観てみてから判断ですね。

まとめ

2015年後期のNHK連続ドラマ「あさが来た」は江戸時代末期から大正時代にかけてのお話し。
時代劇は朝ドラの鉄板ネタでしょう。

原作は実在の人物、広岡浅子さんの生涯を書いた作品。
ただし、広岡浅子さんは相当マイナーな人物。

まったく知りませんでした。

原作に忠実なドラマより原案としたドラマの方が面白いかも。
私自身としては期待をしています。

楽しみなドラマとなりそうです。

【関連記事】朝ドラ まれ 原作 美人脚本家、篠崎絵里子さんの評判は?

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280