プロ野球日本シリーズ2015日程とルール!延長戦や雨天順延と賞金は

10月のビッグスポーツイベントといえばプロ野球「日本シリーズ」もその一つ。
プロ野球が最も盛り上がる季節でしょう。

この記事を書いている現在のペナントレース結果は、パ・リーグはソフトバンクが2年連続。
セ・リーグはヤクルトスワローズが14年ぶりにリーグ制覇。

クライマックスシリーズを経て日本シリーズが開催されます。

日本シリーズとペナントレースは、延長戦など少しだけルールが違います。
チェックしておきましょう。

また、日本シリーズの賞金なども気になりますね。
調べてみると選手たちがもらえる賞金って意外に・・・。

スポンサーリンク
広告336×280

SMBC日本シリーズ2015 日程

2015年の日本シリーズ日程は以下のとおりに予定されています。

  • 第1戦:10月24日(土)
  • 第2戦:10月25日(日)
  • 第3戦:10月27日(火)
  • 第4戦:10月28日(水)
  • 第5戦:10月29日(木)
  • 第6戦:10月31日(土)
  • 第7戦:11月 1日(日)

引き分けで第8戦が行われる場合は11月2日(月)
更に第9戦以降は11月4日(水)~となります。

まあ、そこまでもつれることはないと思いますが。

今のところ詳しい時間や放送局の発表がありませんね。
情報が入り次第このブログでもお知らせしようと思います。

第1戦 球場はどこ

日本シリーズは短期決戦。すこしでも有利になる要素があったほうがいい。

落合博満現中日GMが「甲子園球場の独特の雰囲気は勝敗に影響を与える」みたいなことを語っていたことがありました。

甲子園球場ほどではないにしろ、やはり初戦はホーム球場から始めたいのでは。

日本シリーズの第1戦は、クライマックスシリーズが終わるとほぼ決まります。

西暦の奇数年はパ・リーグの出場チームの本拠地、偶数年はセ・リーグの本拠地球場から日本シリーズが始まります。

なので今年2015年の日本シリーズ第1戦はパ・リーグの出場チームの本拠地球場からですね。

雨天順延後の日程は

最近、どこのチームも本拠地球場はドームとなっていることが多いので雨天順延も少なくなってきていますね。
2014年の日本シリーズ開催要項によると雨天などで試合が順延になった場合は

第1・2戦で中止となった場合はその球場で順延とし、1日移動日を設け第3戦を行う。その際、第5戦と第6戦の間の移動日は設けない。
第3戦以降に中止となった場合はその球場で順延とし、第5戦と第6戦の間の移動日は設けない。
※ ただし、両出場球団間で当日の移動が不可能な地域の場合、第2戦と第3戦の間、および第5戦と第6戦の間は移動日を設ける。
出典:日本野球機構オフィシャルサイト SMBC日本シリーズ2014 開催要項

例えば24日の第1戦、25日の第2戦がいずれも中止になった場合は、26日に第1戦、27日に第2戦を行い、移動日を挟んで29日に第3戦を行うということになりますね。

日本シリーズ 引き分け、延長戦は何回まで

やはり日本シリーズともなれば、延長線までもつれ込むような接戦を期待をしてしまいますね。

日本プロ野球ではセ・パ両リーグとも延長戦は12回まで時間無制限と決まっています。
今年5月の楽天ー日ハム戦は延長12回、5時間37分もの激闘となっていました。

日本シリーズの延長戦は第1戦から第7戦までは15回、時間無制限。
引き分けにより第8戦以降が行われる場合の試合は、決着がつくまで行われるそうです。

これって、ある意味恐ろしいルールだと思います。

でも過去65回の日本シリーズの中で第7戦まで進んだのは24回。
その内第7戦で決着がつかず第8戦まで進んだのはたったの1回(1986年の西武ー広島戦)だそうです。

日本シリーズ 賞金は

日本一を決める決戦となると賞金などが気になりますね。

昨年2014年の賞金などをまとめてみると以下のようになりました。

【優勝チーム賞】

優勝チーム(昨年は福岡ソフトバンクホークス)に各テレビ局5社がそれぞれ50万円づつ計250万円。

【最高殊勲選手賞(MVP)】

最高殊勲選手賞(昨年はソフトバンク内川聖一選手)にNPBパートナー各社から計600万円。

【優秀選手賞(3名)】

J SPORTS 、ニッポン放送など各社からそれぞれ40万円。
御幸グループから高級オーダー背広30万円相当の商品券。

【敢闘選手賞(1名)】

J SPORTS から賞金25万円。他商品券など。

【ホームラン賞】

賞金 3万円。

個人的には日本シリーズの賞金は少ないと思うのですがどうでしょう。

ちなみに2011年から2013年までの冠スポンサーがコナミ。
その時は、特別協賛賞が各賞あり賞金総額が700~800万。

2011年の時は3つある特別賞をソフトバンクの内川選手が総なめ。
700万円もの賞金を獲得しました。

まとめ

これから始まるセ・パクライマックスシリーズ。
これは優勝したチームの努力をご破算にする(かもしれない)恐ろしいシリーズ。

4月から始まったペナントレース144試合を勝ちぬき、ようやく手にしたリーグ優勝。
それが最後の6試合でひっくり返ってしまうって、どうなのでしょう。

出来ればペナントレースを制したチーム同士で日本シリーズを戦ってほしいです。

個人的にはヤクルトスワローズを応援。
だってここにたどり着くまでに14年かかっていますから。

そして日本シリーズが終わるとすぐに2015WBSC「プレミア12」が開催です。
すばらしい勝負をして盛り上げて欲しいです。

【関連記事】
野球「プレミア12」とは?WBCとの違いと日程、そして優勝予想は

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280