「世にも奇妙な物語」11月SP昨日公園のキャストとあらすじ

「世にも奇妙な物語」11月SP傑作復活編で「昨日公園」がリメイク。

「昨日公園」は視聴者によるファン投票で4位に選ばれた作品です。

世にも奇妙な物語1
画像:世にも奇妙な物語公式HP

「昨日公園」の話を簡単に言ってしまえばタイムスリップもの。

主人公が過去に戻って他人に起こる不幸を阻止する。

タイムスリップものによくあるパターンですね。

でも、「世にも奇妙な物語」の場合はただでは終わらない。

流石です。

「昨日公園」のキャストやあらすじなどについてご紹介します。

スポンサーリンク
広告336×280

「昨日公園」新旧キャストは

旧作「昨日公園」は2006年10月2日の「世にも奇妙な物語 秋の特別編」で放送。

2006年版キャスト

陽介:堂本光一(KinKi Kids)

隆男:山崎樹範

典子:原田夏希

主演はKinKi Kidsの堂本光一くん。
その恋人役の原田夏希ちゃんは2008年に公開された映画「イエスタデイズ」でヒロインを務めています。
小雪さんに似ている女優さんです。

2015年版キャスト

中島美和:有村架純

町田隆子:福田麻由子

遠藤陽介:大和田健介

2015年版では主人公が女性となっていますね。

ちなみに「昨日公園」には原作があります。
朱川湊人(しゅかわみなと)さんの短編集「都市伝説セピア」の中の1話です。

こちらのキャストはドラマのどちらとも違っています。

「昨日公園」あらすじは(ネタバレあり)

2006年版「昨日公園」のあらすじをご紹介します。
注:ネタバレありご注意ください。

とある公園。

主人公・陽介は親友の隆男とキャッチボールをしていた。
大学を留年しそうな陽介とすでに実家の家業の酒屋をついでいる隆男。

陽介は、隆男から二人の共通の友人・典子へ告白をしたことを告げられ思わずボールを捕り損ねてしまう。

その夜、陽介のもとに典子から隆男が亡くなったと連絡が来る。
陽介と公園で別れた後の帰り道、石段から足を滑らせ頭を打ったのが原因だという。

翌日、昨日の公園のベンチに座る足元にボールが転がってくる。
そのボールを拾う陽介。

そのとき、陽介は昨日の隆男とのキャッチボールでボールを捕り損ねた瞬間にタイムスリップ。

陽介は隆男を無事家まで送り届けて安心するが、その夜再び典子から連絡が。

今度は酒屋の注文の配達途中、工事中の鉄骨が落ちてきて下敷きになってしまったという。

この後、陽介はあの公園に戻り、時間を遡り隆男を助ける。
しかし、何度やっても繰り返してしまう。

しかも助けるたびに被害は大きくなり隆男の家族を巻き込んでいく。

公園で疲れ果てた様子の陽介を心配する隆男。
さらに、典子への告白は陽介と典子を後押しするためのウソだったと告げる。

「もしも俺が死んだらどうする」陽介は隆男に聞く。
「助けるよ」そう応える隆男。

隆男とって一番大切なものは何かを尋ねる。
隆男は「家族」と答える。

その答えを聞いた陽介は、再びタイムスリップすることをあきらめます。

7年後、公園のベンチに座る陽介。左手の指には指輪が。

そこへ典子が現れる。

陽介は典子の疲れた様子に気がつく。
そして、典子は陽介に寄り添い「私が死んだらどうする」と。

陽介はすべてを悟ってしまう・・・。

2015年版で、この奇妙な物語はどのように変わるのでしょう。

2015年版のあらすじは

東京の大学に進学した美和は、幼少からの親友・隆子といつしか疎遠になっていた。久々の故郷で、フルートを吹く隆子と再会した美和は、その夜隆子が事故死したことを聞いて驚がくする。やりきれない思いを抱えて立ち寄った公園で美和が見たのは、昨日と同じくフルートを吹く隆子の姿。美和は、隆子を死の運命から救おうと奔走するのだが…
出典:世にも奇妙な物語公式HP

男同士の友情が女性同士の友情となるようです。

ちなみに原作の方では、公園でキャッチボールをする父と子のお話です。

父には、小学生の頃に事故で亡くなった同級生がいて、何度もタイムスリップをして結局救うことができなかった思い出があります。

こちらもドラマと違った味があり面白そうです。

都市伝説セピア [ 朱川湊人 ]

これほど素晴らしいホラー短編小説は他に知りません。
恐ろしくも切なく悲しい、そんな秀逸なお話がこの一冊に詰まっています。
出典:アマゾン カスタマーレビューより

「昨日公園」の評判や感想は

ツイッターを見る限りでは「昨日公園」のリメイクは盛り上がっていない感じもします。
4番人気のはずなのにね。

やはり2006年版の主演、堂本光一くんの力が大きかったのか。

今回主演の有村架純ちゃんはインタビューでこう答えています。

あまり感動しますよ、ということをあからさまにしたくはないです。
出典:世にも奇妙な物語公式HP

 

2006年版の「昨日公園」と違うラストを観ることが出来そうです。

まとめ

「昨日公園」原作の方はかなり感動的なラストのようです。

2006年版は、奇妙風に味付け。

2015年版はどちらのラストを採用するのでしょう。

気になるところです。

今度は原作に忠実なストーリーでリメイクして欲しいです。

【世にも奇妙な物語11月SPまとめ記事はこちら】

「世にも奇妙な物語」11月SPテレビ放送日程と時間!あらすじもチェック

【その他の「傑作復活編」記事はこちら】

「世にも奇妙な物語」11月SPズンドコベロンチョのキャストとあらすじ

「世にも奇妙な物語」11月SPイマキヨさんのキャストとあらすじ

「世にも奇妙な物語」11月SPハイ・ヌーンのキャストとあらすじ

「世にも奇妙な物語」11月SP思い出を売る男のキャストとあらすじ

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280