【テニス】リオオリンピック日本代表!選考方法と決定はいつ

テニスのリオオリンピック代表メンバーが6月6日に決定!するってご存知でしたか?

テニス1

今年2016年はオリンピックイヤー。

続々と各競技の代表選手が決定し、何かと話題になっていますね。

マラソンや水泳、柔道等は代表を選考する試合や記録があるけれど、テニスの場合はどうなっているのでしょう。

テニスのオリンピック代表がいつ、どのように決定するのでしょう。
調べてみました。

スポンサーリンク
広告336×280

オリンピック代表決定は6月6日!

リオオリンピック代表は2016年6月6日発表の世界ランキングによって決定されます。

シングルスの場合

シングルの出場枠は64。

世界ランキング上位56位までが自動的に出場権を獲得。
ただし、出場枠は1国(もしくは1地域)につき男女とも4名まで。

また、2013~2016年の間に行われたデビス杯(男子)、またはフェド杯(女子)の代表に2年以上選ばれていること(※うち1年は2015年もしくは2016年の代表に選出されている必要がある)

残りの8名のうち6名はITF(国際テニス連盟)が、2名はIOC(国際オリンピック連盟)が選出。

ダブルスの場合

出場枠は32。

これも2016年6月6日発表の世界ランキングにより決定。

上位24ペアは自動的に出場権を獲得。
ただし1国につき2ペアまで。

残りの8枠はITFが選出。

ミックスダブルスの場合

出場枠は16。

シングルスまたはダブルスで出場権を獲得した選手の中から6月6日発表の世界ランキング上位12位相当の選手が出場。

残りの4枠はITFが選出。

以上のようになっているようですね。

ところで、なぜ「デビス杯」または「フェド杯」代表に選出されていなければオリンピック代表に選ばれないのでしょう。

少し気になったので調べてみました。

事の発端となったのは1991年のフェド杯。

この年、女子テニス界の3名のトッププレイヤーがフェド杯の出場を辞退。

この3名に対しITFが翌1992年に行われるバルセロナオリンピックの出場を禁止する措置をとりました。

ここで重視された論点は「国の代表選手」としての役割である。オリンピック代表選手がこの役割を担う以上、自国の代表としてフェデレーション・カップへの出場を拒否する選手は、五輪代表にはふさわしくないのである。

出典:ウィキペディア(フェドカップ)

日本代表メンバー予想!錦織圭選手は確定

2016年5月2日付の日本人選手ランキングを見てみましょう。

男子

6位:錦織圭
89位:ダニエル太郎
104位:西岡良仁
109位:伊藤龍馬

女子

43位:土居美咲
61位:日比野菜緒
84位:奈良くるみ
104位:大坂なおみ

男子は当然、錦織圭選手が確定。

ダニエル太郎選手も可能性ありですね。

女子は土居美咲選手がこのまま順位をキープ出来れば確定。

日比野菜緒選手、奈良くるみ選手の二人は選ばれるかも。

大坂なおみ選手は届きそうもないか。

またダブルス女子では穂積絵莉選手が66位、加藤未唯選手が77位にランキングされています。
この二人も期待大ですね。

まとめ

以前、錦織圭選手はリオオリンピックに向けて「正直、なにも期待しないでもらいたい」とコメント。

でも、日本中の人が彼に金メダルを期待していると思います^^

そして前回のロンドンオリンピックでは女子選手が一人も選ばれていなかったのですがリオでは期待できそう。

メンバーが決定次第、またこのブログでもお知らせしたいと思います。

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280