IPPONグランプリ2016が放送!出演者と優勝予想は

フジテレビの人気番組「IPPONグランプリ」が2016年も放送。

2016年6月11日(土)夜9時~ 「フジテレビ 土曜プレミアム」で放送。

『IPPONグランプリ』とは「お台場笑おう会」なる委員会から選ばれた大喜利大好芸人による大喜利No.1決定戦。

今回で15回目の「IPPONグランプリ」

今回の出演者や過去出場者、歴代優勝者などをご紹介します。

また、優勝者を予想するのも楽しいですよね。

スポンサーリンク
広告336×280

2016年出場者は

2016年春の「IPPONグランプリ」出場者は10名。

10名はA,Bブロック各5人ずつに別れ大喜利で勝負。
各ブロック勝者2名によって決勝戦が行われます。

Aブロック

  • バカリズム
  • 伊達みきお(サンドウィッチマン)
  • 堀内健(ネプチューン)
  • 博多大吉(博多華丸・大吉)
  • 川島明(麒麟)

Bブロック

  • 若林正恭(オードリー)
  • 塙宣之(ナイツ)
  • 秋山竜次(ロバート)
  • 千原ジュニア(千原兄弟)
  • 今野浩喜

大会チェアマンは松本人志。

閲覧ゲストは大地真央、堂本剛、ローラ。

「IPPONグランプリ」が始まったのは2009年。
深夜番組としてスタート。

今回で15回目。

一部の出場者は固定化されています。

今回のメンバーの最多出場はバカリズム。
13大会連続14回目の出場。

千原ジュニア(5大会連続12回目)、堀内健(5大会連続10回目)と続きます。

初出場者は、サンドウィッチマン伊達、麒麟の川島、ナイツ塙、そして今野浩喜。

今野浩喜ってダレ?って思ったら昨年解散したキングオブコメディのボケ担当の方ですね。

『IPPONグランプリ』出場をかけ「IPPONスカウト」が開催。
全国のお笑い芸人(1405名)の中から勝ち抜いたのが麒麟の川島と今野浩喜でした。

今野浩喜がんばってね。応援します。

過去優勝者と優勝者予想

「IPPONグランプリ」歴代優勝者は以下のとおり。

第1回:バカリズム
第2回:設楽統(バナナマン)
第3回:バカリズム
第4回:小木博明(おぎやはぎ)
第5回:バカリズム
第6回:堀内健(ネプチューン)
第7回:千原ジュニア(千原兄弟)
第8回:秋山竜次(ロバート)
第9回:堀内健(ネプチューン)
第10回:有吉弘行
第11回:秋山竜次(ロバート)
第12回:有吉弘行
第13回:博多大吉(博多華丸・大吉)
第14回:設楽統(バナナマン)

今回出場者の中でバカリズムは過去優勝3回、準優勝3回の実績。
ついでロバート秋山とネプチューン堀内が過去2回優勝、準優勝2回。

この3人が優勝候補でしょう。

そして初出場ながら麒麟の川島とナイツの塙も実力あり。
この2人は期待できそうです。

まとめ

気になったのが「お台場笑おう会」という謎の団体。

番組のホームページによると

『IPPONグランプリ』とは、「お台場笑おう会」という団体が、
大喜利好きな芸人を招待し、大喜利を楽しむパーティーである。

出典:フジテレビ「IPPONグランプリ」

しかし、調べてみると「お台場笑おう会」は架空の団体でした。

実際には、出演者はキャスティング会議で選ばれるそうです。

松本人志さんも出場者として参加をしたいのだろうけれどね。
視聴する方も松本さんの答えを見てみたい・・・。

しかし、大喜利の回答を採点するのは出場メンバー。

さすがに気を使ってしまう。

6月11日、土曜の夜はビールでも飲みながら「IPPONグランプリ」を楽しもうと思います^^

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280