サッカーW杯アジア最終予選!日本代表VSグループBのランキングや過去対戦成績は

サッカーロシアW杯アジア最終予選が2016年9月から開幕。

ここから約1年間かけてロシアW杯出場国が決定します。

アジア最終予選は、10カ国が5チームずつ2グループに分かれホーム&アウェイで対戦。

アジア出場枠は4.5枠(アジア地区4チーム+大陸間プレーオフ勝利チーム0.5チーム)
厳しい戦いになりそうですね。

まさか日本代表がW杯に行けないことはないと思いますが、これから対戦するチームのランキングや過去対戦成績を調べてみました。

スポンサーリンク
広告336×280

ロシアW杯に出場するには

日本代表はグループBに所属。

そこでサッカー日本代表がロシアW杯出場権を勝ち獲るにはグループ3位以内に入ることが最低条件。

①グループBで1位または2位→W杯出場決定!

②グループBで3位→グループAの3位と対戦(アジアプレーオフ)し勝利
→ 北中米カリブ海予選4位と対戦(大陸間プレーオフ)し勝利
W杯出場決定!

過去2回のW杯アジア最終予選の結果を見てみると、

  • 2010年W杯アジア最終予選:グループ2位(1位オーストラリア)
  • 2014年W杯アジア最終予選:グループ1位(2位オーストラリア)

いずれもプレーオフに進むことなくW杯出場を決めています。

グループB 過去の対戦成績は

気になるのはグループBのチームのランキングや日本代表との過去の対戦結果。

2016年06月02日の最新FIFAランキングによると、

  • 日本:53位
  • オーストラリア:59位
  • サウジアラビア:65位
  • UAE:70位
  • イラク:102位
  • タイ:117位

となっています。

過去の対戦成績は

  • オーストラリア戦:8勝7敗8引分け
  • サウジアラビア戦:7勝1敗3引分け
  • UAE戦:5勝2敗8引分け
  • イラク戦:6勝3敗2引分け
  • タイ戦:14勝2敗4引分け

オーストラリア戦は、ほぼイーブンのようですが、あとは勝ち越し。

ランキング、過去対戦成績を見ると2位以内は確実でしょうね。

まとめ

ロシアW杯アジア最終予選、今回もオーストラリアと1位、2位を争うことになりそうです。

キーになるのはUAE戦でしょうか。
勝ち越しはしているけれど8つの引き分けが気になります。

2016年9月1日(木)に行われるW杯アジア最終予選、日本代表の初戦の相手がUAE。
ホームでの試合なので、ここは絶対に取りこぼさないで欲しいです。

ガンバレ日本代表!

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280