ペルセウス座流星群2016は8/12~13日が見頃!時間と方角をチェックしよう

毎年やってくる8月のペルセウス座流星群。
2016年は観測条件が良いそうですよ。

まだペルセウス座流星群を見たことがないアナタ!!
今年は流星ウォッチングを始めるチャンスかも。

「ペルセウス座流星群」は、毎年安定して多くの流れ星をみることができる流星群です。

とはいえ、どうせ見るならより多くの流れる星を見たいって思いませんか。

今年は、そのチャンスなんです。

2016年のペルセウス座流星群の見頃(極大日)や時間、方角をチェックしましょう。

スポンサーリンク
広告336×280

見頃は8/12~13日 極大(ピーク)はいつ

ペルセウス座流星群の見頃は8/12~13日
これって、毎年およそ決まっています。

ペルセウス座流星群は7月の下旬ごろからボチボチと出現し、8月の13日頃に活動はピークを迎えます。

このピークとなる日を”極大日”、時間を”極大時刻”っていいます。

流星群が極大を迎える時間が昼間だったり、夜でも満月だったりしたら十分に流れる星を見ることができませんよね。

2015年は月明かりもなく流星群を観測する条件は良かったのですが、極大時刻(ピーク)が日中でした。

結果的に日本全国で天気が悪く、我が家でも観測は出来ませんでしたが・・・。

今年2016年、ペルセウス座流星群の活動が極大となるのは8月12日よる9時ごろ。
気になる月明かりも、上弦の月が深夜半には西の空に没んで行きます。

8月12日深夜から13日未明にかけてがペルセウス座流星群の観測に絶好のチャンスです。

また、8月11日深夜から未明にかけて、13日深夜から未明にかけても多くの流れ星を見ることができます。

そして気になるのが観測をするための方角や場所ですね。
どっちを向いていたらより多くの流星を見ることができるのでしょう。

どの方角を向いて観測する

基本的にどちらの方角を向いても流星群を観測することができます。

ペルセウス座流星群は、ペルセウス座の方向から出現し、四方八方に流れます。
8月中頃深夜、ペルセウス座は北東の空にあります。

北東を中心に流れ星は飛びます。

ペルセウス座流星群2016
画像:国立天文台HP

あまり方角にこだわる必要はないようですね。

むしろ空を広く見渡せる、街灯など人口の明かりのない場所を探して観測しましょう。

都心に住んでいる人は難しいと思いますが・・・。

まとめ

2016年のペルセウス座流星群についてまとめてみました。

  • 8月7日頃から15日頃まで流星群の活動が活発となる。
  • 極大(ピーク)は8月12日よる9時頃。
  • 8月12日夜半から13日未明にかけてが見頃。
  • 北東の方角から四方八方に飛ぶ。
  • 1時間あたり40個程度の流星を観測できる。

今年は例年より多く流星が出現するという嬉しい予想もあります。

あとは晴れるのを願うだけですね。

期待しましょう!!

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280