「おんな城主 直虎」原作と脚本家・森下佳子さんの過去作品と評判は

2017年のNHK大河ドラマは「おんな城主 直虎」

前年の「真田丸」は期待以上の面白さでしたね。
脚本家・三谷幸喜ワールド全開の面白さでした。

2017年の「おんな城主 直虎」はどんなドラマになるのか。
原作や脚本などについて調べてみました。

2016年の大河ドラマ「真田丸」の脚本は三谷幸喜さん。
脚本家の力って大きいなと感じました。

2017年「おんな城主 直虎」の脚本は森下佳子さん。

森下さんなら、2017年も面白くなること確実だと思います。

スポンサーリンク
広告336×280

「おんな城主 直虎」原作は

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に原作はありません。
今回だけでなく、ここ数年の大河ドラマに原作はないようです。

しかし、昨年の終わりごろから井伊直虎を主人公にした本をよく見かけました。

特に書店で見かけたのがこの2冊でしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

井伊直虎 女にこそあれ次郎法師 [ 梓澤 要 ]
価格:993円(税込、送料無料) (2017/1/8時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

剣と紅 [ 高殿円 ]
価格:885円(税込、送料無料) (2017/1/8時点)

私も「剣と紅」の方を読んでみました。

読んだ感想は、盛り上がりどころがなく淡々と話が進んで行き、難しい漢字が多く使われていて途中から退屈してしまいました。

大きな合戦シーンもありません。

井伊直虎が生きていた時代は戦国から安土桃山時代。
井伊家にも大きな波がやって来ているのですが、直虎にまでは及ばなかったのでしょう。

井伊直虎の実像については史料が極めて乏しく、史実性については再検証が求められている
出典:ウィキペディア

井伊直虎の生涯をドラマにするのは、さすがの森下佳子さんでも難しいのではと思いました。

脚本家・森下佳子さんの過去作品と評判は

脚本家・森下佳子さんは、言わずもがなの人だと思います。
1971年生まれ。

2000年に放送された日テレドラマ「平成夫婦茶碗〜ドケチの花道〜」で脚本家デビュー。

代表作は

  • 世界の中心で、愛をさけぶ
  • 白夜行
  • JIN-仁-
  • ごちそうさん
  • 天皇の料理番

等々、どれもこれも面白いものばかりです。

森下佳子さんは「おんな城主 直虎」をどんな展開にしていくのでしょうか。
過去の発言を見てみると、

この物語は、幼少期に一緒に育った幼なじみ3人が主軸になります。

そこに少し色恋とか情がからんでくる。

出典:「おんな城主 直虎」HP

恋愛模様も描きます。直虎は尼僧ですが、そこは掟破りにやらせていただこうかと(笑)。
出典:ORICONSTYLE

戦国時代ならではの政治的な駆け引きに直虎をめぐる幼馴染との三角関係と禁断の恋がミックスされたドラマになりそうです。

まとめ

最近の大河は原作がない。
これって脚本家の色が濃く出るってことだと思います。

成功も失敗も脚本家の責任?

森下佳子版・井伊直虎はどんな人物を描き出すのでしょう。

2017年大河ドラマ「おんな城主 直虎」は、大河流ドロドロ恋愛ドラマとなりそうな予感です。
女性ファンが増えるかも知れませんね。

2017年の終わりには「直虎ロス」が続出しているかも^^

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280