ひよっこ(第3週)あらすじと視聴率や感想は【NHK朝ドラ】

NHK朝ドラ「ひよっこ」も第3週に入りました。

第2週では父が失踪し、ドラマが少しづつ動き始めました。

また「ひよっこ」の評判も少しづつ上がってきているようです。

視聴率は停滞気味ですがもう少し我慢しましょう。

第3週目では、みね子が大きな決断を下します。

ひよっこ第3週目のあらすじと感想、視聴率などをまとめてみました。

スポンサーリンク
広告336×280

ひよっこ 第3週のあらすじは

ひよっこ 第3週のあらすじをサクッと書いてみました。

第3週:「明日(あす)に向かって走れ!」

東京から戻ってきた美代子は、父の失踪をみね子に伝えます。

動揺するみね子だが、「正月には帰ってくる」と言った父の言葉を信じて待つことにします。

そして、みね子、時子、三男の3人は村の青年団の会合に飛び入りで参加し、聖火リレーの計画を打ち明けます。

兄たち幹部にばかにされながらも3人は奥茨城村への熱い思いを伝え何とか聖火リレーの開催を認めてもらいます。

村の聖火リレーは大成功の裡に終り、そして東京オリンピックが始まりました。

東京オリンピック開会式の日、みね子はある決断をします。

東京オリンピックも終わり、しばらくたった頃、美代子が東京で出会った警察官・綿引から手紙が届きます。

その手紙をちよ子が読んでしまい、父の行方不明を知って家を飛び出してしまいます。

みね子と美代子が探しに出ると、ちよ子はバスの車掌・次郎に連れられて戻って来ました。

ちよ子は父を探しに東京へ行こうとしました。

そんな妹を見て、みね子は家族に自分の決意を告げます。

もし、父が正月までに帰ってこなかったら自分が父の代わりに東京へ出ると・・・。

観た人の感想は

第3週 視聴率まとめ

まとめ

谷田部家の次女、ちよ子ちゃん。

家族のだれにも負けないほど父を好きなのに、父の行方不明を手紙で知ったショックは大きいでしょう。

ドラマの随所に弟の世話をしつつ大人たちの会話に加わりたいという思いが伝わってきますね。

だから父を探しに一人で東京へ行こうとする気持ちにジーンと来ちゃいます。

いつも思うのですが、朝ドラの子役は演技が上手です。

ちよ子ちゃんの今後の成長にも注目していきたいですね。

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280