ピーポくん家族構成や名前は?こんなにもあるパロディキャラ

警視庁のマスコットキャラ「ピーポくん」
ピーポくんが世に登場してから今年で30年になるそうですね。

知らなかったのですがピーポくんって7人家族だったそうです。

そこで気になるのがピーポくんの家族構成や兄弟の名前。

また調べてみると、ピーポくんって色々なパロディキャラが存在しているようです。

警視庁のマスコットキャラクター「ピーポくん」の家族構成や名前、パロディキャラなどについてご紹介します。

スポンサーリンク
広告336×280

プロフィールと家族構成や名前は

ピーポくんが警視庁のシンボルマスコットとして誕生したのは、今から30年前の1987年(昭和62年)4月17日。

人々の「ピープル」と、警察の「ポリス」の頭文字をとってピーポくんになったそうです。

では、ピーポくんは30歳と思いきや、ピーポくんの生みの親「警視庁」によると彼は永遠の子供なのだそうです。

ピーポくんは色々な動物のかわいらしい部分をイメージして創造されたらしいのだけれど、一見すると何の動物なのかはわからないですね。

特徴はパッチリとした目(きらきらアイ)大きな耳(どでかイヤー)
そして頭にあるアンテナ(びんびんアンテナ)ですね。

そして、ピーポくんは7人家族。

ピーポくん一家の家族構成は、

  • おじいさん
  • おばあさん
  • おとうさん
  • お母さん
  • ピーポくん
  • 妹のピー子
  • 弟のピー太

の7人家族です。

現在のところ、名前が分かっているのが子供たちだけ。

妹のピー子ちゃんはいつもトラブルに巻き込まれてしまうようです。
いつも、ピーポくんが危険を察知し助けに飛んでいきます。

弟のピー太くんは「ばぶ~」としか話せません。

この辺りは「サザエさん」に登場するイクラちゃんとかぶりますね。

>>ピーポくんの家族画像(警視庁HP)

でも、おじいさんとおばあさんはピーポくんたちとは一緒に暮らしてはいません。

↑ピーポくんの家に行く途中、おじいさんとおばあさんは迷ってしまいました。

多数存在するパロディキャラ

ピーポくんは刑事ドラマでは欠かせない存在と言っていいでしょう。
しかし、ピーポくんの著作権は警視庁にあり、商標も登録されています。

そんな理由からでしょうか、数々のドラマ・アニメでピーポくんがパロディキャラで登場しています。

Wikipediaでもパロディキャラが登場する作品が紹介されています。

踊る大捜査線

ピーポーくん

画像:ブタネコのトラウマ

「ピーポくん」ではなく「ピーポーくん」と伸びます。

こちらはアンテナが2本たってますね。

湾岸くん

画像:踊る大捜査線THE FINAL ホームページ

時効警察
そーぶくん

画像:テレビ日記

「そーぶくん」もアンテナが2本。

逆転裁判

タイホくん

こちらは、さらに増えて3本になりました。

爆笑 大日本アカン警察

アカンポくん

画像:LaBOLA 

「アカンポくん」はアンテナではなくパトカーのサイレンみたいなものをかぶっています。

他にも「相棒」や「ATARU」などにもパロディキャラが登場しているようです。

こんな筋肉ムキムキのピーポくんも話題になっています。

こちらはピーポくんの公式動画で登場です。
夢オチですが・・・。

まとめ

それにしてもピーポくんって、世に登場してから30年も経っていたのですね。

てっきり、ゆるキャラブームに乗って登場したのだと思っていました。

それだけ世の中に溶け込んでいたのか、それとも誰も気に留めなかったのか・・・。

いつもお世話になっております。

これからも私たちを見守ってくださいね。

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280