流星ワゴンが最終回 あらすじと感想 視聴率はどうなった?

TBSのドラマ「流星ワゴン」が3月22日(日)でいよいよ最終回。
テレビ欄を見たら、拡大版ではないのですね。
わずか10分も拡大放送しないって・・・。

流星ワゴン1

毎回、期待を裏切りながら次の回へ。
個人的には楽しませてくれているドラマなのですが・・・。

ドラマ「流星ワゴン」の

  • あらすじと結末は
  • 視聴率は?
  • 感想と評判は?

等についてまとめてみました。

スポンサーリンク
広告336×280

流星ワゴン あらすじと結末はどうなる

いまさらながら、ドラマ「流星ワゴン」のあらすじです。

真面目で几帳面、何より家庭を大事にする主人公、永田一雄
彼には妻と息子がいる。

ddf756a2

妻とはいつの頃からうまくいかないようになり、妻は家を出ていく。
ある日、そんな妻から離婚届が送られてくる。

71dc1a730b27872d44a91936bdfa464b-e1420844663908

息子は中学受験に失敗。引きこもり家庭内暴力を起こすようになる。

一雄自身もリストラで会社をクビになっていた。

ある寒い冬の晩、一雄は疲れ果て、
駅前のベンチで眠りに落ちてゆく・・・。

そんな一雄の前に一台のワゴンが止まる。
橋本親子が運転をするワゴン。

彼らはすでに交通事故で死んでしまっていて
成仏できずに、一雄のような人を乗せ”過去のやり直し”の旅をしている。

一雄がワゴンに乗り込むと、
現在の現実の世界で、危篤状態のあるはずの一雄の父、忠雄が乗り込んでくる。

しかも忠雄は一雄と同じ43歳という若さ。
(ちなみに原作では二人は38歳って設定)

3a9d276e135437876ecef99339a0047b-e1420844708254

忠雄は息子とは正反対の正確。自分勝手で血の気が多い。
まるでヤクザな人物だけれど、一代で事業を成功させている。

一雄は幼少の頃から、そんな父を嫌い、
大人になると父から逃げるように故郷を出ていたのだった。

毎話、一雄の過去の分岐点でやり直しの旅が始まるのだけれど
結局は過去は変えることが出来ずに終わってしまう。

そして、最終回
結局、何も変えることもなく一雄は最低で最悪の現実世界に戻っていく・・・。

流星ワゴン 視聴率は。

初回から最終回までの流星ワゴンの視聴率は、

第1話 11.1%
第2話 11.7%
第3話 11.1%
第4話 9.6%
第5話 8.3%
第6話 9.0%
第7話 9.0%
第8話 11.1%
第9話 10.1%
最終話 11.2%

となっています。

平均視聴率は10.31%でした。
ん~、あれだけ話題になっていたのに・・・。
残念な数字でした。

初回の視聴率が11.1%と低いです。
1~3月期のドラマの視聴率ってこんなものでしょうか?

ちなみに過去のこの時期、この時間のTBSドラマの視聴率は

2014年度は「S -最後の警官-」で
初回 18.9%、最終回 12.7%、平均視聴率は14.15%。

2013年度は「とんび」で
初回 17.0%、最終回 20.3%、平均視聴率は15.48%。

「とんび」は、今回の「流星ワゴン」と同じ原作者なんだけれどね。

感想と評判は?

ドラマ「流星ワゴン」、
早速、最終回を見終えました。

sera-300x225

「流星ワゴン」は毎回、期待を裏切る展開。
でも、最終回だけは期待を裏切らない。

ハッピーエンド^^

流星ワゴンの初回を見たとき、
なぜ主人公が西島秀俊なんだろうって思いました。

表情があまりなく、単調なしゃべり方。

ミスキャストって思いましたが、
話が進むにつれて、父親に抑圧されていた息子って感じがしていいんじゃないかと。

流星ワゴンの視聴率が思った以上に取れなかった理由に
観ているとイライラするって。

評判は良くない。
しかも、犬を叩くシーンが虐待だと批判も。

あらすじも、主人公も
視聴者をイライラさせたり怒らせたり・・・。

これって結構、視聴者は
「流星ワゴン」に感情移入しているってことじゃないの?

「流星ワゴン」の最終回、ツイッターでの感想や評判は

流星ワゴン感動した!
ハッピーエンドでよかった
最終回だけ見たのに普通に感動した

思った以上に評判は良かったみたい^^

ドラマ「流星ワゴン」、
“終わりよければ全て良し”ということでいいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280