Music Center for PCが起動できない!エラーコード:00001b88が出たときの対処方法は

久しぶりにパソコンに音楽を取り込もうとソニーのx-アプリを起動。

するとMusic Center for PCへの移行のメッセージが。

ソニーさん、今後はMusic Center for PCを音楽管理ソフトにするように勧めているそう。

早速、Music Center for PCをインストールしました。

しかし、使い始めしばらくするとアプリが起動できなくなりました。

そして「エラーコード:00001b88」と表示が出てきました。

ソニーさんのサポートサイトに対処方法が出ていたのですが、忘備録として「エラーコード:00001b88」が出たときの対処方法を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




PACSPTISVRが無効って?

Music Center for PCが起動できないとき、こんなメッセージが表示されますよね。

起動できない原因は「PACSPTISVR」が無効になっているから。

これ、アプリが動作するためのサービスらしいです。

とにかくこれが無効になっているとこのアプリは起動できない。

Music Center for PCが起動するには、このPACSPTISVRサービスを無効から手動に直せばいいってことのようです。

エラーコード:00001b88が出たときの対処方法は

エラーコード:00001b88が出てMusic Center for PCが起動できない!

そんな時、あわてる必要はありません。

まずこれを試してみましょう。

「PACSPTISVR」サービスのプロパティから、「スタートアップの種類」を「手動」に変更です。

やり方は、「Windows10」「Windows8.1」「Windows7」でそれぞれ違うようですが、基本的には、

①パソコンの[スタート]をクリック。

②表示されたアプリ一覧の「W」から[Windowsシステムツール]を選択しクリック。

③さらに一覧が表示されたら[コントロールパネル]を選択しクリック。

④コントロールパネル内を[システムとセキュリティ]⇒[管理ツール]⇒[サービス]と選択・クリックしながら進んでいく。

⑤[サービス]の一覧から「PACSPTISVR」を探し出しダブルクリック。

➅PACSPTISVRのプロパティ画面が現れたらスタートアップの種類(E):というところを
無効から手動に変更⇒OKを忘れずに押しておきましょう。

終ったらMusic Center for PCのアイコンをクリックして起動ができるか確認しましょう。

エラーメッセージのコピー方法

ところでエラーメッセージが出たときって、その内容をコピーしてメモ帳などに張り付けておきたいですよね。

でも、クリックしてもコピーできない。

困ったことがありませんか。

でも実は簡単にコピーできるんですよね。

もう手書きで紙にエラーコードを写すことはありません。

①エラーが画面をマウスで選択。

②キーボードの[Ctrl] キーを押しながら [C] キーを押す。

そう定番の[Ctrl] +[C]でエラー画面がコピーできちゃうんです。

覚えておいて損はないです^^

まとめ

私のパソコンの場合、上記手順でMusic Center for PCが起動できるようになるのですが数日後に再び同様の症状が出てきます。

いろんなところで調べてみたのですが原因はわかりませんでした。

「PACSPTISVR ウィルス」などというワードも出てきているのでウイルス対策ソフトに原因があるのかも知れません。

今ではあきらめて、その都度直しています。

「PACSPTISVR」が無効になるケースって、まだ「x-アプリ」の時代からあったようです。

たぶんソニーさんにもわからないのでしょう。

この問題、長い歴史があるのですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




 

スポンサーリンク




 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする