メニエール病を発症した芸能人一覧を調査!現在はどうしているの

「タッキー&翼」の今井翼さんがメニエール病を発症。

芸能活動の休止を発表し話題になっていますね。

今井翼さんを言えば2014年にもメニエール病で2か月間芸能活動を休止していますね。

メニエール病と発表した芸能人・有名人、多くはないのですがいますね。

彼らは現在どうのように活動しているのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




メニエール病とは

まずメニエール病とはどんな病気なのでしょう。

メニエール病は、激しい回転性のめまいと難聴・耳鳴り・耳閉感の4症状が同時に重なる症状を繰り返す内耳の疾患である

出典:メニエール病-Wikipedia-

メニエール病の原因は耳の奥にある内耳の中のリンパ液が増えすぎることによるものだそうです。


(※紫色の部分が内耳です)
画像:内耳-Wikipedia-

でも、なぜ増え過ぎるのかはハッキリとわかっていないそうです。

メニエール病になるとこんな症状が出てきます。

めまい(突発的で立つことも出来ないほどの激しい回転性で、かつ数十分以上続く)

難聴(特に低音域が障害される)

耳鳴り

耳閉感

出典:メニエール病-Wikipedia-

「こんな症状ときどき起こるよ」

そんな人もいるかも知れませんね。

でもメニエール病にかかると、数日から数ヶ月にわたって繰り返し起きるのだそうです。

つらすぎます。

メニエール病を発症した芸能人・有名人一覧

今井翼さんは2014年にもメニエール病を発症したことを明かしています。

彼以外にもこんな人たちがメニエール病にかかったことを発表しています。

栗山英樹さん(プロ野球監督)

1985年選手時代に発症。
現在は日本ハムファイターズ監督。

久保田利伸さん(歌手)

2006年に発症。
そのときの全国ツアーが中止になる。

現在もシンガーソングライターとして活躍中。

自身がつらい病気で苦しんでいるのに花粉症の人を心配。
優しい人です。

ハイヒールモモコさん(漫才師)

20代の頃、メニエール病を発症し、一度は完治。
しかし41歳のとき再発。

再び完治されているようです。

子供の頃から「ラッキー!」が口癖。羨望はあってもやっかみはしない。もちろん、ピンチもあった。20代と40代に悩まされたメニエール病。長女の誕生、住宅ローン、リンゴの不妊治療による休養が重なった。40代のときは完治まで10年間。「私の中ではいっぱいいっぱいやったかもしれません」。それでも隠しはせず、病気と仲良く付き合う考え方で乗り切った。

出典:産経WEST

増田恵子さん(女優・タレント)

増田恵子さんは20代後半に「突発性難聴」を経験。

2010年に再び「突発性難聴」となりしばらく放置したところメニエール病にかかってしまったそうです。

還暦を過ぎた今も元気に活躍されています。

GENKINGさん(タレント)

2015年6月にメニエール病と突発性難聴をブログで告白。

そのときの様子をつづったブログは削除されてしまっています。

現在もメニエール病と突発性難聴とお付き合いしていると思われます。

また女の子に生まれ変わってしまったそう。

鳥越俊太郎さん(ジャーナリスト)

鳥越俊太郎さんと言えば、癌の方が知られていますが、メニエール病も2000年ごろに発症しています。

そのときの様子が鳥越俊太郎さんのブログで生々しく語られています。
>>病気自慢をしてもねえ?!-ニュースの職人日記-

鳥越さんがメニエール病を発症した当時はインターネットで毎日休みなく記事を書いていたのだそう。

その後、鳥越さんは内耳のリンパ液を取り除く手術を受けたそうです。

現在は、耳鳴り、難聴の症状は続いているものの、めまいの頻度をおさえることができているとのこと。

中島誠之助さん(古美術鑑定家)

中島誠之助さんがメニエール病ということは有名らしいのですが、詳しいことは分かりませんでした。

現在もテレビなどに出演しご活躍されていますね。

まとめ

今井翼さんの復帰時期についてはわかっていないです。

「タッキー&翼」は再び休止となるそうです。

メニエール病にかかったことのある芸能人の方々、

現在も元気にご活躍されているかたばかりです。

きっと上手にメニエール病とお付き合いしているのでしょう。

今井翼さんもすぐに元気な姿を見せてくれると思います。

頑張ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




 

スポンサーリンク




 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする